UOエミュ鯖日記

UOエミュ鯖日記はUOのエミュレータサーバ・Ultima Online Barkersでのプレイ日記です。エミュ鯖関連の情報もあります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
インストール・日本語化方法 |  サーバ設定 |  一般 |  設定 |  追加設定 |
表示/カウンタ |  装備 |  スキル |  エージェント |  ホットキー | マクロ |
設定画面

設定

設定項目では発言色や表示色、いくつかの便利な設定を扱います。


●検索除外アイテム

検索除外アイテムの色を設定します。エージェントの検索除外機能とあわせて使用します。


●Razorメッセージ

Razorメッセージの表示色を変更します。


●警告メッセージ

警告メッセージの色を変更します。


●発言色を変更

自分以外のプレイヤーの発言表示色を変更します。画面内の全発言に適用されます。


●LastTargetをハイライト

ラストターゲットを指定した色で強調します。


●呪文表示色を変更

呪文の表示色を変更します。色は援護、攻撃、その他の三タイプに分けて設定します。援護はHealやBless、攻撃はEnergyBolt、Curse、その他は召喚呪文などが当てはまります。


●呪文の形式

呪文の表示形式を変更できます。{power}は呪文そのもの、Kal Vas Flamなどのマントラを表示します。{name}または{spell}でFlamestrikeなどの呪文名を表示します。初期設定では例えばFlamestrikeを詠唱したとき、“Kal Vas Flam[Flamestrike]”のように表示されます。


●AOS以前のステータスウィンドウ

AOS以前のステータスウィンドウを使用します。


●LastTarget/TargetSelfを待機

実行されるまでLastTargetとTargetSelfを待機させます。LastTarget、TargetSelfのホットキーと合わせて使用します。例えばLastTargetコマンドを使用しておくと、スペルを唱え終わる瞬間にLastTargetが実行されます。スペルを唱えた後、瞬時にLastTargetコマンドを実行したのと同じ効果が得られるわけです。必要な場合はホットキーのターゲットキャンセルで待機を解除できます。


●War Mode時は馬から降りない

War Mode時には、誤って自分をクリックしても騎乗生物から降りることはありません。


●鉱石/魚/木材を足元に積む

バックパックに入れる代わりに資材を足元に積みます。


●範囲内の死体を開く

入力した範囲内にできた死体を自動で開きます。ただしルート権の有無は識別できず、無差別に開きます。


●繰り返すシステムメッセージを表示しない

繰り返された場合はメッセージを一度だけ表示して、その回数を英語版のシステムメッセージと共に後から表示します。


●覗きメッセージをフィルタ

覗きメッセージを表示しません。


●画面に入る生物の名前を表示

画面に入ってきたプレイヤーとモンスターの名前を表示します。ゲーム内の「接近するプレイヤーの名前を表示する」オプションが有効な場合は二重に見えます。どちらか一方を使うことをお勧めします。


●画面に入る死体の名前を表示

画面に入ってきた死体の名前を表示します。


●サーバと機能を協議する

Razorにサーバとの交渉を許可します。またサーバ管理者にRazorの機能を制限する権限を与えます。通常はチェックしておいてください。チェックを外すと情報交換中のパケットへの返答に失敗して、接続中のサーバから切断される可能性があります。


▲Razorの解説:設定
スポンサーサイト
 
 












管理者にだけ表示


 

トラックバックURL↓
http://uoemyu.blog32.fc2.com/tb.php/11-7dbf2921

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。